現在、新規のご予約はお断りさせて頂いております。

原因不明な足首の痛みは体の歪みが原因かもしれない

あなたは捻ったわけではないし、ぶつけたわけでもないのに足首が痛くなってしまって、困ってはいないでしょうか?

足首の痛みと言うと、捻挫でもしたのかな?と思ってしまうかもしれませんが、全く原因が不明なのに痛くなってしまった方は、もしかしたら腰や骨盤の歪みが原因かもしれません。

怪我でない場合は、それ相応の改善策を取らないといけませんので、今回は原因不明の足首の痛みについてまとめてみました。

足首が痛む原因とは?

足首が痛む原因は、何かの拍子に足を捻ってしまったり、運動し過ぎたりして負担がかかる事で痛くなるものが多いですが、中には全くそういった原因がないのに、痛みが出てしまう方がたまにいます。

そのような方の体を見ていると、確かに足首には柔軟性の低下が見られたり、動きの悪さを確認する事が出来るのですが、足関節のまわりには、大本の原因とみられる部分がない場合が多いです。

これは感覚的なものなので説明しづらいのですが、足首に問題のある方は、動かした時に関節に引っかかりのようなものを感じますが、この手のタイプの方は、引っかかりがないのに足首が歪んだり、柔軟性が低下していたりします。

その代わり、腰や骨盤に強い歪みが出ている場合が多いので、代償として下肢全体のアライメントが乱れ、足首の痛みにつながるのではないかと考えられます。

なぜ腰や骨盤が歪むと足首が痛くなるの?

下半身のバランスは、主に腰や骨盤の状態や、臀部や大腿部の筋肉(筋膜)によって大きく左右されます。

そのため、これらのバランスが乱れていたり、強い歪みが出ていると、腰や骨盤の歪みを代償するために、股関節や膝、足首が歪む事でなんとか体のバランスを保とうとしますので、構造的に足首に負担がかかれば、痛みが出てしまうのです。

また、腰の関節に固着が見られる方は、坐骨神経が緊張してしまいますので、下腿にある骨間膜が固くなり、脛骨と腓骨の動きが悪くなることで、足首が痛くなってしまう場合があります。

股関節に問題が起きている方は、反射の関係でアキレス腱に緊張が出てきますので、同様に足首が痛くなることがあります。

※足の歪みが全体を歪ませていると考える方もいます。

足首の痛みを改善させるためにはどうすればいいの?

原因の分析

まずは何が原因で痛みが出ているのか、しっかりと体を診ながら分析する必要があります。

上記で腰や骨盤の歪みを挙げましたが、自分で原因がよくわからない方は、問題が全く別の所にある可能性もありますので、足首だけにとらわれるのではなく、体全体を見る視点が必要になります。

実際私が見た患者さんの中では、歪みが原因だけでなく、何年も前の捻挫が治っていなくて痛みが出ている方もいました。

捻挫が治っていないような気がする方は、合わせて「足首の捻挫が治らない原因と対策について」もご覧になってみてください。

当サイトで解説しているものは、あくまでもよくあるパターンをご紹介しているに過ぎませんので、実際に様々な検査を行いながら、問題点を見つけていく必要があります。

歪みの改善

歪みの改善は、腰や骨盤周りの構造的なバランスと、全体との関係性を考えてアプローチしていく必要があります。

単に腰が歪んでいるから腰をやれば治るというものでもなく、体で最も問題となっている部分と、足首に影響を出している箇所を見つけて施術しなければいけませんので、症状で悩んでいる方は、一度プロにご相談することをオススメします。

また、施術やご自身のケアによって足首の痛みが消えても、構造的にバランスが狂っている時は、再び足首に痛みを引き起こす可能性もありますので、注意してください。

足首の状態改善

構造的な歪みを改善したら、最後はやはり足首をチェックしてあげる事が大切です。

腰や骨盤が原因の場合、歪みを改善させれば足の痛みも消えてしまうことが多いですが、中には足自体にも問題を抱えている方がいるので、問題が残っている場合は、こちらにもアプローチしてあげる必要があります。

実際骨盤周りを整えてからじゃないと、足の問題が見つからない事も多いので、痛みが消えていても、忘れずにチェックしなければなりません。

まとめ

原因が特になく、構造的にも目立った問題がない足首の痛みは、腰や股関節、骨盤周りの歪みが大本の原因となっている可能性があります。

腰や骨盤が歪むと、体がバランスを崩し足首に負担をかけてしまったり、坐骨神経を緊張させて可動性を悪くしてしまう恐れがありますので、よくわからない痛みで悩んでいる方は、一度腰や骨盤の状態をチェックしてみてください。

改善させるためには、体のバランスを診ながら行う必要があるため、プロのサポートが必要になりますが、構造的な問題が取れてくれば痛みも変化してくると思われますので、症状でお悩みの方は、一度ご相談頂ければと思います。