現在、新規のご予約はお断りさせて頂いております。

腰痛で前屈できない時の原因と対処法

腰痛 腰痛

「最近、腰が痛くて前に屈めない…」と思った経験はありませんか?

腰痛は異変を感じたらすぐに対処することが大切で、しっかりと原因を見直してあげないと、次第に悪化してしまい、最悪の場合「体を動かす事が出来ない」という状況になってしまう事があります。

そうならないためには、症状が軽いうちに正しく対処することが必要ですので、今回は、腰痛で前屈できない時の原因と対処法について解説していこうと思います。

腰痛で前屈できない原因って?

ではまず、腰痛で前屈できなくなってしまう原因についてですが、腰痛で前屈できない時は、主に腰椎の関節と、筋膜(筋肉)に問題が起きている可能性があります。

腰椎椎間関節の問題

何らかの要因で腰の椎間関節にある靭帯や関節包が固くなってしまうと、腰を前に動かした時に関節と関節とがうまく開いてくれなくなるため、動いた時に痛みを引き起こす場合があります。

こういった方は特徴的な歪みをしているのですが、最近の患者さんを見ていると、ぎっくり腰のように動いた拍子でなってしまった方よりも、デスクワークなどでずっと同じ姿勢をしていて、腰椎が固まってしまった方の方が多いように思います。

前屈が出来なくて腰椎に問題が起きている方の特徴として、腰が歪んだことで神経や靭帯が刺激され、棘突起と言われる腰の突起の部分に、押すと痛みを感じる場合があります。

筋膜(筋肉)の緊張による問題

臀部や下肢の筋膜が緊張していると、腰を曲げた時に筋膜が腰周りを引っ張ってしまうため、運動の妨げになり、腰の部分で痛みを生じる場合があります。

特に多いものとしては、中殿筋、腸脛靭帯、ハムストリングスなどの緊張が挙げられますが、これらは緊張している筋膜を正確に見つけないといけませんので、ただ患部全体をストレッチやマッサージで緩めるだけでは、改善されない事が多々あります。

筋膜の問題で腰に痛みが出ている方は、腰の関節部分よりも、若干臀部にかけて痛んでいる方が多いように思います。

腰痛で前屈できない時の対処法

ここでは、腰痛で前屈できない時に、自分でできる対処法を紹介しようと思います。

中殿筋を緩める

中殿筋は骨盤から大腿骨に付く筋肉ですが、中殿筋が緩まると、臀部が腰を引っ張る事がなくなるので、腰痛の改善に役立つ場合があります。

やり方としては、ストレッチをしたり自分でマッサージをしても良いと思いますが、テニスボールなどを用意して、臀部を刺激しても効果的です。

ボールを床に置いて、少し体を左右に傾けた状態で乗ればちょうど中殿筋に当たりますので、簡単でオススメです。

大腿筋膜張筋や腸脛靭帯を緩める

大腿筋膜張筋は骨盤の横にある筋肉で、腸脛靭帯はそこから臀部の筋肉とくっつき、ももの側面を走る長い靭帯です。

腰痛になった時にここを緩めてあげると、筋膜が腰や仙骨等の骨盤を引っ張る事がなくなりますので、痛みの改善につながる場合があります。

緩める時は、上記と同様にテニスボールを使って刺激してあげると楽だと思うのですが、中には筋膜全体を緩めても効果がない方もいますので注意が必要です。

そのような方は、痛みが出ている所と、関連する筋膜を正確に見極めないといけませんので、当院にご相談頂いた方が良いかと思います。

ハムストリングスをストレッチ

ハムストリングスはもも裏の筋群の総称ですが、ここが緊張してしまうと、骨盤が前傾するのを妨いでしまい、腰に痛みを出してしまうため、緩めてあげると効果的です。

やり方としては、普通にストレッチする事で柔軟性は改善されると思いますが、ハムストリングスだけやっても緩まる量には限界がありますので、下半身全体を緩めるつもりでやると良いと思います。

こまめに歩く

歩く刺激は、固着した腰椎を緩めてくれる可能性がありますので、腰痛で悩んでいるなら、定期的に取り入れてあげると効果的です。

時間のある方は1日20分くらいのウォーキングをオススメしますが、そうでない方は、座り過ぎや同じ姿勢を避けるため、作業の合間にこまめに歩いてあげてください。

特にデスクワークなどで座っている事が多い方は、確実に運動不足になっていますので、1時間でも机で作業したら、軽くトイレに行くなど体を動かす必要があります。

それでも腰痛が改善しない場合は?

もし上記を試してみても腰痛が改善されないなら、それは腰痛の原因箇所がいくつもあるか、筋膜や関節の問題を正確に把握しないと取れないものです。

当院でも、「腰痛の正しい治し方と対処法」に難しい腰痛の治し方を解説していますが、個人で対応するのは少し厳しいため、症状が悪化する前に、専門家の治療を受けることをオススメします。

治療院を探す際は、患部だけでなく全身を見てくれて、構造だけでなく心理面やその他領域に対する理解がある所がオススメです。

まとめ

腰痛で前屈ができない時は、腰椎の固着や筋膜の緊張が原因になっている可能性があります。

自分で出来る対処法としては、中殿筋や腸脛靭帯、ハムストリングスなどを緩める事ですが、こまめに歩いたりすることも、腰痛の改善にはとても効果的です。

中にはいくら自分で対処してもよくならない方もいると思いますので、そのような場合は、症状が悪化しないうちに、プロにご相談することをオススメします。