現在、新規のご予約はお断りさせて頂いております。

産後の骨盤調整・整体について

産後の骨盤矯正

産後の女性が気になるものの一つに、骨盤の弛みがあります。

女性は出産の時に、リラキシンというホルモンの作用で靭帯が弛み、産道を広げる事で出産に耐えれる体になるのですが、この弛みはお子さんを産んだからと言ってすぐに戻るわけではないので、産後に骨盤の弛みを気にされている方が数多くいます。

実際、当院にもそのようなお問い合わせが来ますので、産後の骨盤矯正や整体について、気になることや知りたいことなどをまとめてみました。

産後の骨盤矯正はやったほうが良い?

ではまず産後の骨盤矯正はやったほうが良いのか、という話なのですが、実は出産による骨盤の弛みは、何もしなくても自然と元に戻ります。

人によって個人差はありますが、数ヶ月でホルモンの作用で緩んだ状態は戻ると言われていますので、特に体に問題がなく、気にならないような方であれば、骨盤ベルト等で軽くケアするくらいでも良いと思います。

しかし、中には緩んだ骨盤が腰椎や背骨に負担をかけ、産後の腰痛を引き起こしたり、骨盤の不バランスから尿もれなどを起こす事もあるので注意が必要です。

私個人としては、問題がなければ特に必要はないと思いますが、妊娠中に反り腰になったものがそのままだったり、体のバランスが乱れている場合もあるので、無理のない程度の調整はやったほうが良いと思います。

「矯正」と書くと、骨盤をグイグイいじるようなイメージがありますが、出産後の骨盤はデリケートな状態ですので、無理に戻すような施術はオススメしません。

当院の骨盤調整に対する考え方

当院では、出産によって緩んだ骨盤を、無理に戻すような施術は行いません。

たとえそれで一時的に骨盤が締まったとして、靱帯自体の弛みは数ヶ月間続きますし、無理に戻した事による悪影響の方が心配です。

出産後のお母さんは、出産という大変な事を乗り越えた事で負担がかかっていますので、体に無理のない範囲で、ゆっくりと戻してあげるのがポイントだと思います。

靭帯の弛みが落ち着くまでの数ヶ月の間、「骨盤の歪み」をメインに施術していきますので、骨盤を絞めると言うよりも、歪みを取ることで、自然な流れで骨盤が元に戻ろうとする力をサポートしていきます。

どんな事をするの?

骨盤の歪みは腰椎の固まり、股関節の不バランス、臀部や下肢などの筋膜緊張によって引き起こされますので、これらを一つ一つ取り除いていくことで、骨盤の状態を整えます。

ソフトな整体法を使用しますので、体にかかる負担は少なく、強い刺激が苦手な方には向いていると思います。

また、出産後のお母さんを見ていると、骨盤の歪みに比例して、必ずと言っていいほど背骨も歪んでいますので、全体的なバランスを取る意味でも、合わせてこちらも整えていきます。

東京目黒駅周辺で産後の骨盤調整をお考えなら

目黒駅周辺や東京近郊で産後の骨盤調整をお考えなら、ぜひRippleにご相談ください。

Rippleでは、完全予約制で患者さんの施術に当たっておりますので、無駄に待たせるという事がなく、落ち着いてゆっくり施術を受けることが可能です。

東京でも、産後の骨盤調整を行っている整体院はかなりの数ありますが、その中でも当院では、「体の負担が少なく、ソフトな施術」を心がけています。

よくある骨盤調整のように、無理やり骨格を整えるのではなく、筋肉や関節、神経に内臓の状態などを見ながら体の状態を整えて行きますので、自然と体がバランスを取りやすくなり、骨盤の調整にもつながります。

出産を終えたと言っても、産後も体は大切にしないといけませんので、無理なく体を整えたいとお考えなら、ぜひRippleにご相談ください。

産後の骨盤調整で注意しておきたいこと

先程も説明しましたが、産後の骨盤はデリケートな状態ですので、無理に骨盤を絞めるようなものは、あまりオススメ出来ません。

瞬間的な変化を望む場合はそれもありかもしれませんが、長い視点でみると、全身の靭帯が緩んでいるのに一部だけ無理に関節を絞めると、バランスが崩れ、のちに問題が出てきてしまう事もあります。

また、患者さんで、一般的な骨盤ベルトを使用している方もいますが、それらは出産後の方用に作られているわけではありませんので、利用するなら、しっかりと産後用の骨盤ベルトを使用したほうが良いと思います。

よくあるご質問と解答

骨盤の弛みは整体に行かないと治りませんか?

そんな事はありません。骨盤の弛みは自然と治っていきますので、産後の骨盤ベルトでサポートしてあげても良いと思います。

ただし、戻りづらい方や腰痛等の異変が出ている場合は、すぐにご相談頂ければと思います。

どのくらいの頻度で通えばいいですか?

はじめは一週間に一度くらいのペースで来て頂きたいですが、骨盤の歪みが取れて、全身のバランスが取れて来たら、状態次第で決めて良いと思います。

期間は靭帯の弛みが落ち着く3ヶ月〜6ヶ月くらいが目安です。

いつから通えばいいですか?

産後の1か月健診を過ぎて、お体の状態がある程度落ち着いてからいらしてください。

一人ひとりの体の状態は違いますし、帝王切開等でお腹を切っている場合もありますので、心配な方はかかりつけのお医者さんの判断を仰いでください。

骨盤の歪みは調整してもすぐに戻ってしまいますか?

これはある程度戻ります。

施術によって改善した部分が全て戻るとは思いませんが、先程も説明した通り、産後は靭帯が緩い状態ですので、関節が不安定な所に負担が加われば、骨盤の歪みは出る可能性があります。

靭帯の緩みが収まってからの方がいいですか?

そんな事はありません。

靭帯が緩い状態というのは、たしかに調整しても戻りやすいという側面があるのですが、反対に、その緩さは歪みを治しやすい事にもつながります。

出産を終えたお母さんは、妊娠中にずっとお子さんを抱え、反った状態で生活してきてますので、体は思った以上に歪んでいます。

放置していると腰椎や背骨に負担がかかり、体全体を歪める恐れがありますので、関節が固まる前に定期的にケアをして、骨盤を良い状態に保ってあげる事が大切です。

この記事が気に入りましたらお友達にご紹介ください
yuji kumagaiをフォローする
目黒駅整体鍼灸 Ripple(腰痛・自律神経失調症・スポーツ障害)